スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カードだけ旅行中 

カード会社からいつもとは違う書面が来ていたので、
なにかと思い、書面を読んで見るとみると、
自分のカードが不正利用されている疑いありとの事。 |д゚)

さっそくカード会社に電話してみると、
あれっ まぁ 

自分のカードは先週
ロンドンでバスに乗り、(支払4ポンド)
スェーデンにて旅行会社にて30万円近い買い物をしようとしたみたい。

うーん、この半年、日本から離れてないし、
イギリスもスウェーデンにもいまだかつて行ったことなし。

ヒェー びっくりですね。


直ぐに新しいカードに切り替えました。

国内でのレートの良い外貨両替とは? 

海外旅行時に深夜に外国につく場合。

気になるのが、とりあえずホテルまでの現地通貨。


このところLLCなどの格安だけど、条件はあるよ的な航空会社。

今のところ自分は嫌いじゃないですが、深夜に外国の空港っていうのは

なんともいやなもの。

で、気になるのが、ホテルまでの交通手段とその現地通貨。


で、その現地通貨ですが、国内で用意ができますね。


マネーパートナーズ(FXやる者は皆マネパ、マネパと読んでます)という

FX業者では、ドルやユーロなど海外通貨を

成田空港で受け取れるというサービスを行っていて

旅行の際に使えるかと思い、ちょいと調べてみる。


FXの為替レートにて購入できるかと思っていたが、

手数料は+20銭 +500円の手数料との事。


まぁそれでも

FXレート+20銭にて両替できるなんて、相当良いレートですね。


あと、ちょいと気をつけなければいけないのが、

区切りの期日が決まっていて、

受け取りの二週間程度前には申請が必要との事。

あと空港での受取り時間が決まっている(通常の営業時間の範囲)ので、

早朝出発なんかだと使えないかな。


ではボンボヤージュ!

釜山旅行(その2) 

釜山は結局半日いたのかな。

それでも、案外中身は濃かったですね。
海雲台のサムゲタンとか、
チャガルチ市場からの夜景とか、
あとは金井山城のハイキングとかね。

メインはやはりハイキングですかね。


金井山城北門




地下鉄一号線にて梵魚寺駅まで行き、そこでバスに乗り換え、
梵魚寺をちょいと探索。

で、そのまま金井山城北門~東門までを縦走。
金井山城北門までは、ずーっと登りですが、
その後は日本でいう里山、500-600M級の低山をのんびり歩くというもの。
距離にして約10KMぐらいかな。
山の中の案内板はハングルのみでちょいと不安になりますが、
人通りもあるので、まぁなんとか歩けました。

帰りは温泉でも入って帰るかなぁなんて思ってましたが、
駅へ向かうバスの中にて韓国の若者三人組みとちょいと仲良くなって、
一緒に飲みに行くことに。

で、
釜山大学近くのティッコギ屋さんに連れて行かれました。

食事も良かったけど、
やはりローカルの人といろいろ話ができたのは楽しかったかな。


ティッコギ








釜山旅行(その1) 

つれずれなる書き綴り。

プサン旅行ですが、あっといまでした。本当に近いですね。
飛行機で二時間ですからね。
また距離が近いというのは、その文化も当然似てくるものです。

で、思った事を書き留めておきます。

1、ちょうどプサンも桜が見ごろのようです。
地下鉄で移動中にも、釜山大学あたりにて桜並み木も随分長いもがありました。

2、また皆、スマホを使ってますね。
特にサムソン製品がやはり多いようです。まぁ当然か。

日本ではiphoneが目立ちますが、
サムソンのはそれより少し大きい液晶のようです。
電車などでは、皆スマホに向かってます、どこも同じですね。

3、プサンの市場ですが、思いのほか綺麗というか、
これまた日本と変わらないのでは。

4、違うところというか、
日本ではあまり見ない光景としては、電車の中で物売りがいるという事。

自分は二回ほど見かけました。

一人はルーペを1000W(100円)にて売ってましたし、
また別の電車では、接着剤を売ってました。

売り子のおじさんたちは、いきなり地下鉄車両に入ってきては、
車両中に響き渡る大声にて、その製品の良さをせつせつと説明してます。

皆見知らぬふりをするのかと思えば、案外売れてました。
接着剤は4人ぐらい。
ルーペも3人の人が買ってましたかな。

これは日本では見ないですね。
売っている人がかわいそうで、買っているのか?(一種の社会的弱者の救済?)
と思いきや、ルーペを買った人なんかは早速使って楽しそうにしているので、
そんな需要もあるんでしょうね。

5、日本のおばさん旅行者率が高い!
一時の韓流ブームにて、そんなうわさは聞いてましたが、
年配のおじさん、おばさんの個人旅行者が多いですね。
これは他の国ではあまり見ない傾向ですね。
帰りのaiaasiaでの隣席も二人組みのおばさんたちでしたし、
釜山の宿も年配の方が多かったですね。
というか、日本の若者には出会わなかったかな。韓国の若者には良く会いました。

慶州のまんじゅうやさんにふらっと入ったときも、
日本のおじさんに声を掛けられましたしね。

多分、旅しやすいというのも理由としてあるかもしれませんね。
地下鉄も便利ですし、日本語の表記、乗り換え駅なんかでは、
日本語の案内放送なんかもでます。
また食事に関しても、写真メニュがありますから、言葉が通じなくても
なんとかなっちゃうんでしょう。


慶州・釜山旅行、刺激はさほどでもないですが、
国内旅行の延長的なスタンスで、
ちょっとリフレッシュという感じかな。

その2に続く


釜山旅行 

ということで、

明日から釜山に旅行に行ってきます。

なんか韓国あたりだと、近いというのもあり、

国内旅行の感覚ですね。


荷物もリュック一つで、重さも4KG。

パソコンが入ってない分、

普段の会社バック(通常にて6KG)よりあきらかに軽い。


では旅の話は

またあとの話ということで。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。