スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強く生きるノート 本田 直之 (著), ちきりん (著), 小池 龍之介 (著), & 4 その他 

強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる (KEIO MCC Intelligence Series) – 2013/11/26
本田 直之 (著), ちきりん (著), 小池 龍之介 (著), & 4 その他

本田直之さんの項目が気になって手に取ってみましたが、
実際に読んでみては、ちきりんさん、小池 龍之介さんなど
その他の項目が印象に残った感じかな。

ちきりんさんにて気になったところは、
1、自分のアタマで考えよう  ということで、
「なぜ why」 「だからなんなの?so what」を問い続ける。

2、「考える時間」を物理的に確保。
一日一回30分キッチンタイマーを使って時間を確保する。など
 ー> 自分的にはお風呂の時間、ウォーキングの時間かな。

とにかく 考えているようで何も考えていないという状態からの脱出

3、あと他の人との会話にて「へぇー  そうなんだ」から
「なんでそう思ったの?」との
問いかけによる、他人の思考プロセスを聞きだし参考にする。

かな。 

分かっていても全然実践できてない部分、
忘れていた部分を思い出させてくれました。


あと心に響いたのは、
小池 龍之介さんからの心の有り様、コントロールの仕方についての記述であり、
ある人の振る舞いに不快を感じるのは、その中に「自分自信」をみているから と
いう項目。
怒っている人とかを見ると「あぁ そっか」と納得の部分あり。

また平田オリザさんのいいコミュニケーションの取り方の部分での、
ホスピスでのお医者さんと看護人の下りからの
相手の文脈を読み取るというところ から

現在のグローバル社会ではそれプラス
自分の意見を伝えきり妥協点を見るけていく というところかな。

ありがとうございます。

★★★






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/865-f79f952e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。