スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を出て自由になろう的な本を三冊読んでみた。 

日本を出て自由になろう的な本を三冊読んでみた。

まずあなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 (角川フォレスタ)
センカンドライフ、子育てなど日本以外生活することのメリットを述べた海外生活啓蒙的な著作かな。
まだ海外でするということにイメージがわかない人向けの一冊






続いて、越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げ

石田さんは冒険投資家という肩書きにて世界のいろんなところに出向いているようで、
自分のなかでは中東に強い感じ。
冒険投資家が書いているのでタゲット層も 上記のミドル・シニア向きのセカンドライフ的アプローチというよりは
20-30代の若者に対してもっと海外にでて頑張ってこい!的な本かな。
本当いろんなところに行っているようで、
元バックパッカーの自分としても、アゼルバイジャンや南スーダンのなど、なかなか行ってないところの
話が掲載されていて読み物として楽しかったです。






で、最後に終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散 ―― 国家の歩き方 徹底ガイド (現代の錬金術師シリーズ)

以前読んだ一冊ですが、再読。
こちらは、PT 終身旅行者となるための実践的な一冊です。
実際にPTとして生きていこうとすると、いろいろ細かいことに気をつけなければならず、
そんなちょっとした気づきを与えてくれる一冊です。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/843-ab67dd2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。