スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか? 山口 揚平 (著)  

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?山口 揚平 (著)

タイトルは奇抜ですが、

中身はお金の話。

金持ち父さん貧乏父さん以来の

ハッとした内容でした。

今の自分には逆に原理・原則に立ち返る書籍が面白いようです。


で、気になったところを書き出してみると、、、、

・ミッションを見つける最良の方法は実はそれを探すことではない、
ミッションは自然に授かるものである。

私欲を削ることと共に、ミッションを生きるコツは
できるだけ「持たない」生活をすることだ。

・起業家は自分を起業家などとは呼ばない、本来の起業は、人工的なステップではない。
それは衝動的な行動であると思う。もし、世界にバリューを生み出したいのなら、
バリューをお金に換える「バリューtoマネーの世界」で生きていきたいのなら、
何よりもまずは、’好き’を追求しよう。

やりたいことが見つからないなら、やるべきことをやろう。
「やるべきこと」とは「貢献に繋がる」ことだ。

・次の二つにレバレッジをかけるOPTとOPM
other peoples time(人を動かす)と
other peoles money(他人のお金を動かす)

・信用度=(専門性+確実度+親密度)/利己心
専門性とはミッションやそこから生じる才能をバリューに換える能力
確実度とはコミットメント
親密度とは相手との精神的な距離の近さ
利己心とは私欲のこと。自分の利益を重視するということ。


・もはや、人は物を買わない、物に機能はすでに十分であり、
先進国では必要量の数倍の物が生産されている。
人は「つながり」と「物語」にお金を投じるものだ。

・これからますます強化されるネットワークの力を見方につけるためには、
自分のレピュテーション・マネジメント(信用管理)を徹底していかなければならない。
twitterやfaceookなどのSNSはコミュニケーションツールでは無く、
コントリビューションツールとして使うといいだろう。

社会に自分の意見を発信し、貢献し、信用の蓄積を行うためのポジティブな
ツールとしてしか使わない。
愚痴や批判、政治的意見をかくようなことは決して無いだろう。

などなど


とても面白かったです。

☆☆☆☆☆




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/817-1bda3651

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。