FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は1万円札を破れるか?~お金の洗脳を解くと収入が倍増する 苫米地英人 (著) 

君は1万円札を破れるか?~お金の洗脳を解くと収入が倍増する
苫米地英人 (著)




なんとも題名につられて読んでしまいました。

脳科学者、苫米地英人さんの著作です。

内容として、

お金というものは相対的なものであって、

お金自身が絶対的な価値をもっているかのように

国、企業、支配者に洗脳?されている。

その考えから脱却し自分にとっての本当の価値を見つけよう。ってな感じかな。


----------
ヒント

価値=有効性*希少性


ものを売るためには、
1、物理空間の価値を上げる>>抽象度を高くもち、価値を上げる
 抽象度をあげて「本質的な機能は何か」を徹底的に追求することです。

 例えばアップルのipad
 ipadは単純にパソコンを小さくして持ち運べるようにした」という従来の
 ミニノートのレベルではなくて、「パソコン」に関する抽象度がひとつ上った
 ところから出来上がった デバイスであるという事。
 パソコンをいうものを高い抽象度で見たとき、それは
 「個人の生産性を情報空間で上げる為の道具」だといえます。

2、情報空間での価値をあげる。
 >>バーチャルバリューを生み出す情報操作の最大のポイントは「希少かつ
 有効」であること希少性については、「限定商品」「限定カラー」など場所、
 数量、機関などを限定することで、心理的な供給量を下げているのです。

 また有効性を誇張するには、「権威付け」です。
 権威づけをより巧妙に行うための「ステルスマーケティング」SNSの活用


上記から経済的洗脳の呪縛から解き放たれるために
1、私たち一人一人がすべきこと
 =抽象度を上げて、真の自由を獲得すること

2、社会全体のシステムとして採用すべきこと
 =「情報空間の通貨」と「物理空間の通貨」を分けること



てな感じで後半は自分の備忘録になってしまいましたが、

物を売る、サービス提供する、など事業/起業を考えている人には、

良いヒントが満載されているように感じます。



amazonでの購入はこちらから →→ 君は1万円札を破れるか?〜お金の洗脳を解くと収入が倍増する





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/786-e0eff062

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。