スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇 その3 

なぜ人間関係のダンスをやり続けているのでしょうか?

ダンスは人類最大の暇つぶしだ。ダンスをしている限り、
大切なことに向き合わなくてする。
本当の感情を表に出さずに人と付き合っていける。
このダンスを人生だと勘違いしている人も多い。

ダンスを続けているかぎり、本当に大事な事はスタートできない。

自分が本当はどんな人間なのかも、とうてい知ることはできない、
自分にとって、これをやらないと死ねないぐらい大切なんものがわかると、
自然とダンスを卒業することができる。



夢をもっている程度だと、人はほとんど行動しない。
しかし、それが目標になったとき、
具体的な行動としてあわられるのだよ。

幻想>夢>目標 予定

幻想や夢の場合はそれを実現するためのエネルギーが無さ過ぎるし、
目標になると、エネルギーが過剰になる。
予定はそれを立てたときには、きわめて現実的なものになっている。
エネルギーも過剰に使わない。


ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇より

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/756-9e3d6265

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。