スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このところ気になっている人、苫米地 英人 

苫米地 英人さんの印象というと、

なんとまぁ いっぱい本を出している人 
というのが今までの自分の印象。

また本も何冊か読んだことがありますが、
びっしっと自分に入ってくる感じではなかった。

で、このところ、オセロ中島氏の洗脳問題にて
苫米地 英人さんの名前を目にするように
なったなぁ と思って自身のブログを拝見。
 (今までの苫米地 英人さんのブゴロの存在自身知りませんでした。)

で、下記の著作を見つける。

なんともまぁ 挑戦的なコピー。
amazonレビューでも、なかなか興味を引く内容。

東日本大震災からちょうど一年。
大震災に伴う、東電の原子力問題にてメディアのあり方が問われ、
そのダークな面が噴出したこの一年。


インターネットや、SNS、個人個人の情報の発信が
メディアのあり方、付き合い方を変えていくのでしょう。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/726-2788d993

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。