スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金哲彦のマラソンレース必勝法42 金 哲彦  

金哲彦のマラソンレース必勝法42 金 哲彦

マラソンレース直前の
レース前10日からマラソン中の心の持ちようについて42の金言が。

特に印象に残ったのは、本編よりあとがきかな。
マラソンというスポーツについて、うんうんと思うことが多々あり。

成功の定義はそれぞれ個人にて違う。
優勝者はトップでゴールするただ一人の存在しかないが、
レースの勝利の形は人それぞれさまざまである。
絶対的な結果だけが評価されるスポーツではない。

マラソンはどう走るかを考え、目標を設定し、それに向かい練習をし、
体調管理をし、レースを迎える。

レース中は、設定タイムにあわせて走れているか、
5KMごとにチェックし体調と相談しながら管理していく。
25KMを越えたあたりになると辛くなり、
30KMを超えるともうキツイ、体が動きません。
「なんで出だんたろう」、「歩こう」、「練習量少なったなぁ」
「練習でもハーフまでしかしてないし走れるわけが無い」、
などネガティブ感情が・・

一人で走っているし、いろいろ考えるしね。

マラソンは本当奥の深いスポーツ。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/631-6e9cdc00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。