スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空海-真言密教の扉を開いた傑僧 (別冊太陽 日本のこころ187) 

空海-真言密教の扉を開いた傑僧 (別冊太陽 日本のこころ187)
別冊太陽編集部 (編集)

その中から一説。

仏教は利他の教え。
僧侶は本来、この世に利他他行をするためにいます。
宗派にかかわらず、民衆のために祈る。民衆を救うというのは本来の役目です。
行き場の失った不安や悲しみを癒す、その心に耳を傾ける。
鎮魂の祈りをささげる。
これは僧侶の仕事だと思います。


*)また毎朝6時より京都の東寺御影堂での法要にはどなたでもご参拝可能との事
今度行って見よう!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/593-8f521e98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。