スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャル 靖国神社 占領下の知られざる攻防  

NHKスペシャル 靖国神社 占領下の知られざる攻防

この時期、やはり終戦の事をメディアでは取り上げ、
平和ボケした日本でも、過去にあった戦争について思い出す、
気にかける事は意味のあることだと思う。

本作は、2005年8月13日にNHK総合にて放送された
NHKスペシャル「靖国神社~占領下の知られざる攻防~」のDVD化版である。


DVD内容を自分なりにまとめると、 
・靖国神社は明治天皇によって作られた、比較的新しい神社である。
・明治~敗戦の1945年までは、
 日本の軍人・軍属を主な祭神として祀ってきた国家管理の神社である。
・終戦後、GHQによる靖国廃止案を避けるため、靖国神社自ら靖国存続の為に変化を。
 軍色を排除し、宗教色の強い新しい神社案
 国家と切り離された宗教



靖国神社は政治家による参拝問題など政治に利用されているが、
日本国の為に命を落とした200万以上の慰霊が眠っているのは事実である。

確かに宗教を利用し、間違った方向へ人々を導かれる事に、私たちは気をつけなければいけない。
このような情報操作は非常に巧みであり、結果的にだました側もだましている意識さえ、無いかもしれない。

ただ国の為に亡くなった人に、その国の代表が敬意を払わない理由がどこにあるだろうか?


自分の周りをみて、周りの人が自分にとって良い人ばかりでないのは明確だ。
ドラエモンに例えれば、隣人は自己中心的で乱暴者のジャイアンタイプかもしれないし、
自己顕示欲旺盛なナルシストなスネ夫タイプかも知れない。

隣人と対等に意見が言えるようになる為に、私たちはその準備も必要だ。
それは体力(軍事力)かもしれないし、お金(経済力)、交渉(政治力)
知恵(技術力)、愛情など、その他の能力かも知れない。


このDVDにて下記のようなことを自分に気づかさせた。
・ネット環境にて情報量は格段に多く、とりやすい環境にはなったが、その真偽はどうか?
・戦争は悲しい現実を引き起こす。
・争いを避けるために、私たちは準備しなければならない事がある。
 (ジャイアンをジャイアンとして振舞わさせた側にもその責任はあるだろう。)




スポンサーサイト

コメント

田母神 閣下しかいない

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/587-9c167dca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。