スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「運が良い人の参拝方法」 本田晃ちゃん ありがとう。 

今年も年始は地元の神社へ初詣に。

年末に本田晃ちゃんのメルマガから、
お参りについて面白い話があったので紹介しますね。


ここから転記ーーーーーーーーーーーーーー

晃一です。
もういくつ寝ると・・・と言うか、明日お正月ですねー。

さて、今回は
「運が良い人の参拝方法」です。

初詣を前に
「あの人って、運が良いよね。神社での参拝方法って違うのかな?」
とふとした疑問があり、強運の人達に質問してみると

 お お お ー !

 や っ ぱ 、 普 通 の 人 と は 違 う ! ! !

と言う回答を得られたの
紹介しますね!

ま、僕自身はクリスマスは普通にケーキで祝い、お正月になると普通に神社で
初詣をしてと、あまりポリシーの無い代表的な日本人なのですが(笑)
とにかく、初詣前に読んで頂けると嬉しいです。


まず、師匠であり、日本一の個人投資家として有名な竹田和平さん。
日本を創った100人の偉人たちを黄金のレリーフで創り上げ
祭っているのであります。
http://www.takedahonsha.co.jp/

その和平さんが、ニコニコしながら参拝された後、質問したのであります。

「何を熱心にお願いされたのですか?」
「お願いじゃ無いがね。感謝と誓いを立てたよね。
”今の私がいるのは、あなたがたが日本を創ってくれたお陰です。”
と感謝を伝え、”あなた方が喜ぶことをして見せます”と、お誓いを
立てたよね」

うむぅ
お願いじゃなくて、感謝と誓いとは・・・

参拝と言う形を通して、普段の心のあり方に気づきました。

ただただ、ラッキーが来たら良いなぁと、ポカンと思い描いてるのでは無く、
喜ばれることを一生懸命やるぞ!と誓う方が、そりゃ実現速度も変わるし、
周囲の人達も協力したくなるよなぁ・・・


もう一人、若きヒーローであり、親友の西村豪庸君
http://nishimurahidenobu.com/
(ホームページ上での肩書きは、凄く謙遜しているけど、とにかく
スゴスゴの人なのです。そして超強運で超良い奴)

「神社でなんてお願いごとするの?」
「うんとね、お願いごとはしないんだ。神様にね、友人の良い所を
良い意味で、告げ口しに行くんだ。

例えば、
”神様、友人のA君は凄く素晴らしいんです。何が素晴らしいかって、
この部分がかくかくしかじで素晴らしくて、それだけじゃなくて、
こんな時に、ほにゃららな事までして、とにかく凄く素晴らしいんです。”
と、具体例をあげてA君の良い部分を報告するんだよね。

前に学校教育の本で、クラスの担任に新任した先生に
”B君は優秀なんです”とB君には内緒でこっそり伝えておくと、
現状のB君の能力や学力に関わらず、成績が凄く伸びるようなんだ。
これは色んな人で実験しても同様の結果が得られたと聞いたんだよね。

担任の先生でそんな効果があるなら、神様だったらもっと凄い気がしてね。」

うむぅ。
これも普段の心のあり方だよなぁ。
常に周囲の友人の良い部分に発見する。
そういう目で見続けたら、その友人の良い部分はどんどん開花する。
そしてそれを伝わるように報告する。
伝わるようにってのが大事で、伝えようとすると、何がどう素晴らしいのか
おのずと、しっかり整理し深く理解しちゃうのだ。

素晴らしいぞ。
と言うか、こんな生き方をしていれば、そりゃ心も明るくなり
結果的に強運になっちゃうんじゃないでしょうか?

と言うわけで、初詣前に

誰に感謝をしたいのか?
どんな誓いを立てたいのか?
周囲の家族や友人達の素晴らしい部分は何か?
そしてそれを、ちゃんと伝えられるように整理してみよう。

なーんてことを、2010年の終わりにしっかり考ながら、新年を迎えるだけで、
2011年はスッバラシイ年になるんじゃないかなーと思ってメルマガ書いてみました。

では、スッバラシイ2011年になりますように!
今年も、メルマガをお読み頂きありがとうございました。

感想やお気づきの点がありましたら、こちらまで

お返事のお約束は出来ませんが、頂いたメッセージは全て目を通しています。
次のメルマガを書く原動力となっています。
いつもありがとうございます。
--------------------------------

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/383-bb6f3bc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。