スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100%幸せな1%の人々 小林 正観 

100%幸せな1%の人々 小林 正観


この本の中で、特に気になったところは以下の点。

「日本人のよさの一つは戦わない・争わないこと。 そして笑顔で「和」の心を持って生きること」

自己啓発とはちと違うが、今の自分に響いた言葉。

このグローバルでの大競争時代にて新興国の台頭、
特にアジアの中で韓国、中国がアジアでの伸びている中、
日本の方向性を考えさせる一言でした。

本当にそんな甘い考えでいいのか?
性善説で、この世の中生きていけるのか?

それとも、その競争の根底にある「足りない」とう恐怖自身が、幻想なのか?


それとも、
この世は満ち足りた世界であり、競争も争いも必要無い世界なのか?





☆☆☆




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/283-083cf4a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。