スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる 

生きる もう随分前に見て好きな一作だったが、
先日のTVドラマ化で、また脚光が浴びてる?

無気力な人生を送る主人公に突如の余命半年の告知。

彼にとってガン宣告は良いきっかけだったのかもしれない。

そのことにより今までには無い
密度の濃い人生を過ごすことができたのだから。
死ぬまでに成し遂げる事を見つけられて幸せだったろう。


人はいつか死ぬ、必ず死ぬものだが、
どうも死の実感がない分、無意味な毎日を過ごしてしまう。



主人公の志村喬の見事な演技
そしてその歌は、心の中にしみわたる。

黒澤作品の中で、一番好きかな。


「生きる」という事を考えさせられる一作でした。


評価 ☆☆☆☆



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kinakoceo.blog115.fc2.com/tb.php/14-2baa7de2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。