スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮫島の貌新宿鮫短編集 海と月の迷路  大沢 在昌 (著)  


ラジオ日経を聞いていて、鎌田記者がなにかの拍子に
この新宿鮫シリーズの話を
したのをきっかけに、手にとってみました。

で まずはどんな内容かもわからないので、
鮫島の貌 新宿鮫短編集 の短編モノを選んでました。

ほうほうと引き込まれる楽しさに一気に完読

で、海と月の迷路も読んでみました。
描写の細かさが引き立つ感じですね。


ただ東京生まれの自分には軍艦島を題材にしたものより、
身近な新宿鮫のほうがよりリアリティがあり面白かったです。


あと変わったところの作品としてamazonでのレビューが高いのが、
 小説講座 売れる作家の全技術

こちらはまだ第一部 第二回までしか読んでませんが、
より魅力的な小説家となるための技術がちらちらと。
実際に物書きを目指す方には手元に置いておきたい一冊になるのでは。

また鮫シリーズを読んで見たいと思います。


★★★★







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。