スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 ロバート・シャインフェルド、 本田健  

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法


きっかけは本田健さんのポッドキャストでの

この本のことを耳にしたからかな。


本田健さんの本はよく読んでいるし、引き寄せの法則、 ザ・シークレット、

「神との対話」、「小林正観」など読んできましたが、


うーーん。

この本は自分にはなんとも、ピンと来なかったですね。


章の構成もよくわからないし、

何が言いたいのか 自分はさっぱりでした。


まぁ

自分がまだその域に達していないのか。

それとも

自分の向いている方向的が違い、

スコトーマとなっているのか。

なのでしょう。




こういう本は、好き嫌いがはっきりする本のような気がしますが、

Amazonでの評価が高評価だけなのも、ちょいと ?? かな。





スポンサーサイト

苦役列車 (新潮文庫) 西村 賢太 

苦役列車 (新潮文庫)

話題作も随分時間がたったので、読んでみました。

で、読んでみた感想ですが、、うーん。。。 

なんとも人間のネガティブな部分を細かに描き出した作品ですね。


人によっては、嫌悪感を覚えるかもしれません。


その嫌悪感というのは、

たぶん自分にもあるネガティブなことですね。

普通なら覆いかぶせたい事、

人へは話したくない事、隠したい事など、

人間のいやな部分を自分に透過して

あぶりだしてくれるからかも知れません。


自分も若い頃に日雇いバイトをして、

その日暮らしをしていた事を思い出しました。。



☆☆☆


日光街道一人歩き (その2) 

日光街道一人歩き (その2)

昨年の春ごろ歩きはじめた「日光街道の歩き旅」の続きと


言うことで、先週末にその第二段を歩いてきました。

スタートは東武線の南越谷です。

家を7:30ごろ出たので、歩きのスタートは8:30ごろからです。

で、この日のゴールは南栗橋駅まで。到着したのは17:30ごろ。

総合計歩き距離は、、、 29.7KM(google map調べ)だそうです。

なかなか歩きました。


本来は、古河に美味しいお蕎麦やさんがあるとのことなので、

そこまで行こうかと思いましたが、久しぶりの長歩きなので、

足痛にてちょいと手前の南栗橋までとなりました。


途中、

春日部では埼玉にてスイーツ有名店のオークウッドさんにて

ランチとケーキを頂ただいたり、

幸手の町なんかちょっと面白かったかな。


どちらにしても、

まぁどれも初めての街だったので、楽しき時間を

過ごさせていただきました。


一様参考にしたガイドブックはこちら→日光街道歴史ウォーク






旅のプラン(その2) 

今年GWの旅のプランですが、
成田>マニラ経由>シェリムアップ に行くことにしました。

今回行きのフライトはLCCで、
成田>マニラ は あまり好きじゃないど Jetstar。

マニラ>シェリムアップはセブパフシフィック航空というフィリピンのLCC。
自分は初乗りのLCCです。
こちらはキャンペーン価格(tax・諸費用込み)で、2000php弱(4400円)

で、帰りの便はタイ航空、全日空のビジネスクラス。
ギャップを楽しんできます。 > (^0^)


ゆーーきちが、カンボジア、シェリムアップに行くのは、
まだ内戦が終わったばかりの1994年以来ですから、もう20年近く前になりますね。
 ポルポトの残党がまだ残っていて、シェリムの宿に泊まっていても
 夜は迫撃砲の音なんかが「ドーン ドーン」なんて聞こえてきて、
 あれっ?! 本当に大丈夫か~ なんて当時は思ってました。 


TVの旅番組なんかでもシェリムアップの街なんか紹介されることもあり、
そんな映像を見ていると、
「いやーー あのころは本当、何もなかったのに~~ 
  なんか昔のカオサンみたになってる~」 っていう印象です。

まぁでも
今回の旅のメインはラオス、パクセーの世界遺産、「ワット・プーへ」なんで、
カンボジアからの国際バス(つらい16時間バス。。。)でパクセーに向かうか。
タイのアランヤプラテートまで行って、
そのあたりからウボン方面のバスがないか、検索中です。


シェリムとパクセーって直線ではそんなに距離がなさそうなんで、
軽く行けそうですが、どれもぐるっと回らないといけないようで、
ネットで調べて見ても、
「タイ経由でいく場合も、一度バンコクまで行ったほうが早い」とか
なかなか思い通りの情報が見つからないですね。


まぁ一様Airは確保したんで、あとはゆっくり検討しますわ。

ではまた。

旅のプラン 

今年のGW東南アジア旅行ですが、
Airasiaのフライトキャンセルおよびキナバル山、山小屋の予約が入らないので、
キナバル登山の予定はすっかりなくなってしまった。

で、どこに行こうかなんて、考え中。
決まっているのは、マニラin バンコクout

でプランとしては、

・昨年行ったラオスはよかった。昨年は北部のルアンバパーンへ行ったので、
今年は南部にあるもうひとつの世界遺産(ラオスには世界遺産は2つだそうです。)
ワット・プーへでもいくかな~

・ベトナムも中部(フエ)、北部は行ったこと無いな~

・往路と復路は別のルートがいいな~

なんて考えると、下記の二つのルートが考えられます。

1、マニラ=ホーチミン=ダナンまで飛んで、ダナンからフエに移動し見学。
その後パクセーまで国際バスと、ベトナムラオス国境超えなんてどうかと。。

で、ネットで調べていると、
ベトナム/ラオスは案外バスはでているようですが、

バスで14-15時間。。。 長い。
http://yossy-www.blog.so-net.ne.jp/2011-03-10

(昔、若いころはマナリー=レー間の5000M級山道の40時間っていうバスにも乗ったが) 

うーん。さすがに今の40才を超えた体にはきついなぁ。



2、ではマニラ=シェリムアップを飛んで、
カンボジアからパクセーへの陸路超えは
どうかと調べてみると、

16時間。。。 
http://ysk44.blog133.fc2.com/blog-entry-471.html

より長いし、よりハードだね。。。

また国境では、賄賂が必要ですか。
気分的になんか上がりませんね~



まぁ こういうルートを考えるもの旅の楽しみですが、
そろそろairの予約を入れないとな。


続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。