FC2ブログ

聖書に隠された成功法則  松島 修(著)  

聖書に隠された成功法則  松島 修(著)

その2です。

何故その2なのか?

それは一年半ぐらい前に読んでました。  Σ(・ω・ノ)ノ!



まぁ気を取り直して
今回の気づきとしては、下記の二点かな。


1、喜び、祈り、感謝 が成功の為の必須条件である。

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべてのことについて、感謝しなさい


2、多くの人は
「幸福になるために、成功をめざし、結果的にお金持ちになる」という
順序を理解せず、お金持ちになることを目標にしてしまいがちです。
幸福、成功、お金持ちの中で幸福は他の二つよりまず優先して目指すべきのものです。
ただし、幸福は、ある意味その人の脳の解釈次第という不思議なものです。
どんなに目標を達成しても、その本人が幸福を見出せないなら、
何の満足もありません。逆に言えば、利益を得るから満足を得るのではなく、
満足して満ちたりた心があるから、そこに利益が追いかけてくる、それが聖書の真理です。


お金、成功に目を向けすぎていた自分には
良い思し召しだったようです。



amazonでのご購入はこちらから→聖書に隠された成功法則


聖書に隠された成功法則

新品価格
¥1,575から
(2011/4/9 05:50時点)


スポンサーサイト



ラオス有機コーヒー 

ラオスコーヒー


随分寒くなってきたので、

夏にラオスで購入した、有機のコーヒーを頂きました。


ラオスは自然豊かで、有機物も案外置いてありました。

頂いたお店もフランス人経営のものだったので、

しゃれおつな所にて安心感もあります。



味のほうですが、すっきりした感じですが、

香り高くて美味しかった。



それにしても38,000キップっていくらだ。

googleてみると、

1 日本 円, ラオス キープ, 98.6853 ということで、

そこから計算すると、一袋 385円か。



ブログ5周年 

なんかブログをはじめて

なんだかんだで、5年もたったんですね。

当社は、読んだ書籍の備忘録として、

はじめたものの、


その後はマラソンの記録やら、投資の記録・感想やら、

で、嫁の観察日記など

なんか範囲が随分広がってしまいました。



まぁ

これからも宜しくお願いいたします。


 ┏●(ペコリ)

来年のGWは、、 

来年のGWは、とりあえず、マニラに行きます。

何故マニラか?というと、、、

jetstarから頂いた無料券でとりあえず行けるのがそのあたりだったから。。。


(え~~ そんないい加減な理由~~ 

 と言われるかもしれませんが、ショウガありません。。)


結局2013/4/26(金)成田ーマニラは確保。

その後の予定は何も入れてません。


さてどこに行こうかな~~


と考えて、現在の候補地としては、

1、キナバル山(4000M級です。)を登る

2、タイ、パタヤ初上陸(一人で行くと、ちょいと問題が起こるかな。。)

3、足を伸ばしてスリランカ(スリランカは何気に世界遺産が豊富)

4、あまり惹かれないが、油で豊かな国ブルネイ(大富豪と友達になる??)


なんてなところが今の所の候補地かな。


まだまだ時間があるので、

その他お勧めなどあればお教えくださ~い



王様マインドと奴隷マインド 松島 修 

王様マインドと奴隷マインド 松島 修



ちょっと気になった箇所を抜き出して見ましょう。

王様マインド:
自分の人生には目的がある。
自分には価値がある。
自分は愛されている。


愛されていることに気づく。
人が行動する言動で一番よいものは「愛」です。
愛は支配されるものではなく、与えるものです。
そして、愛は人にとって一番必要なものです。



すべてのことに感謝する。
すべてのことに感謝するとは、いまの生活、人間関係、環境、
仕事、立場などの状況すべてに感謝することで、
良いことだけではなく悪いことにも感謝するという意味なのです。
悪いときになぜ感謝できるかというと、すべての出来事に意味があり、
最終的に益となることを理解しているからであり、
天を信頼することになるからです。


本来の成功
本来の成功(王様マインド)
天が定めた目的を実現すること
社会に永続的によい影響を与える。
人生には目的がある。


富は創造するものです。
人は神に似せて作られ、神は創造するものです。
だから、あなたにも創造する力が与えられています。

創造する才能は限られた人だけではなく、皆に与えられています。
ここで、大事なのは、創造性の高いと言うことは、○○大賞を受賞したとか、
目立つものとは限りません。
むしろ聞いてみれば、当たり前に聞こえるもの、
言われてみなければ気づかないようなものなのでしょう。
なぜなら、世の中はシンプルだからです。


朝起きたら、まず一番に大切なことをすること。
朝一番に行うことは、心を沈めて、
今日一日、何をすべきか天に聞くことです。


アウトプットからはじめる。
何かを始めるとき、まず学習して十分知識を得てから、
それを使おうと考える傾向があります。
インプットとはとても大切なことです。
しかし何かを成そうとする時は、アウトプットすることを意識し、
まずはやってみることが大切です。
これは考えてから走るのはなく、走りながら考えるとう言うことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

などなど

キリスト教的な考えが強いようです。

自分は宗教的には特に何とは無いですが、
なんかすんなり入ってくるものが多い気がします。




amazonでのご購入はこちら → 王様マインドと奴隷マインド

来年の手帳は、、 

手帳13

来年の手帳はこちらのになりました。


昨年はフランクリンプランナーの手帳タイプを使ってましたが、
月間、週間のつなぎがしっくり来なかったので、
(同じ事をいろんなところに書き込み、情報がさまざなな所に散らばる感じかな。
あと年間の見開きが無かった。。)
先日、東急ハンズをうろうろしてこちらを購入。


高橋手帳 リンクアップ式も非常に気になりましたが、
今年は博文館 サジェス24にしました。


博文館 サジェス24の選択理由ですが、

1、年間の見開きがある。自分のように旅行好きには、
季節毎の予定が必然的に決まってくるので、ぱっとみで一年を俯瞰できるのは嬉しい。

2、半期ごとにも25要件の管理化

3、月間ページはまぁ普通ですが、脇にメモあり

4、週間ページはヨーロピアン・バーチカル
ということで、この手帳の一押しのようですが、
自分は夜間、睡眠時間帯でのデイリーのデータを
書き込みたかったので、いいかな。と



amazonでのビジネス手帳はこちら→→ビジネス手帳 2013



君は1万円札を破れるか?~お金の洗脳を解くと収入が倍増する 苫米地英人 (著) 

君は1万円札を破れるか?~お金の洗脳を解くと収入が倍増する
苫米地英人 (著)




なんとも題名につられて読んでしまいました。

脳科学者、苫米地英人さんの著作です。

内容として、

お金というものは相対的なものであって、

お金自身が絶対的な価値をもっているかのように

国、企業、支配者に洗脳?されている。

その考えから脱却し自分にとっての本当の価値を見つけよう。ってな感じかな。


----------
ヒント

価値=有効性*希少性


ものを売るためには、
1、物理空間の価値を上げる>>抽象度を高くもち、価値を上げる
 抽象度をあげて「本質的な機能は何か」を徹底的に追求することです。

 例えばアップルのipad
 ipadは単純にパソコンを小さくして持ち運べるようにした」という従来の
 ミニノートのレベルではなくて、「パソコン」に関する抽象度がひとつ上った
 ところから出来上がった デバイスであるという事。
 パソコンをいうものを高い抽象度で見たとき、それは
 「個人の生産性を情報空間で上げる為の道具」だといえます。

2、情報空間での価値をあげる。
 >>バーチャルバリューを生み出す情報操作の最大のポイントは「希少かつ
 有効」であること希少性については、「限定商品」「限定カラー」など場所、
 数量、機関などを限定することで、心理的な供給量を下げているのです。

 また有効性を誇張するには、「権威付け」です。
 権威づけをより巧妙に行うための「ステルスマーケティング」SNSの活用


上記から経済的洗脳の呪縛から解き放たれるために
1、私たち一人一人がすべきこと
 =抽象度を上げて、真の自由を獲得すること

2、社会全体のシステムとして採用すべきこと
 =「情報空間の通貨」と「物理空間の通貨」を分けること



てな感じで後半は自分の備忘録になってしまいましたが、

物を売る、サービス提供する、など事業/起業を考えている人には、

良いヒントが満載されているように感じます。



amazonでの購入はこちらから →→ 君は1万円札を破れるか?〜お金の洗脳を解くと収入が倍増する





25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~ おち まさと (著), 本田 直之 (著)  

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~
おち まさと (著), 本田 直之 (著)




おちまさと さんの事を知ったのは、

昨年の大震災の後だったと思う。

震災後の不安と自粛モードがただよう

そんな群集の心理を表しているブログを読んでから、

なんとなく気になる人となった。


また本田直之さんはレバレッジシリーズでの仕事の効率化や

またハワイに住んでいるとか、トラアスロンをやっているとか

何かと気になる人。


この二人の共同の著作ということで、

25歳はとうの昔に過ぎてしまったが、

読んでみた。


平たく書いてあるので、読みやすい。


まず、これは以前から本田さんがいっていたが、

これからの必要とされるスキルということで、語学、IT、資産運用 

の部分は再確認。

>>語学続けましょう。


それから気になる部分は、、、

1、人脈・・自分と違う事をやっている人たちを見る。

 >>この頃人との関わりが硬直化しているので、また交流会でも出てみよう


2、肩書きがいくつあってもよい、マルチな仕事がこれからの生き方。

  とのくだり。
 
 >>自分もいろいろやりたいんだよなぁ


3、文中から>>

  例えば通り道が工事中だったら、前者はその場で立ち往生してしまう人。

  後者は裏道でも何でも使ってどんどん目的地へ向かってしまう人。
  
  ひとりコングロマリットは後者です。

 >>なんてくだりが今の自分にはぐさっときたな。

いろいろやってみようと思いはするが、

何か壁に当たったときに、

「時間が無いから」 とか

「メインの仕事があるからいじゃない」とか  

いろいろ理由をつけて、辞めてしまう。

そんな今の自分に響いた言葉でした。




25歳付近の人も、

25歳を過ぎてしまった人も

読んでみては。。


amazonでの購入はこちらから →→ 25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~