スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクについて 

6年ぶりにタイ、バンコクに来ましたが、
やはり以前とは随分様子が変わってきた感じです。

端的に感想をいうと
インターネットやグローバル化の波による均一化です。

スーツ、ヒールや靴など服装が東京と変わりません。
おしゃれになりました。
以前の印象は、サヌックなことを大事にし
繁華街でもTシャツにサンダル履きがあたりまえだったのに。。
そんなキミたちが好きだったのに。(旅行者の我侭ですが。)

また若者は携帯(スマートホン多し)に向かって歩き、
ipadを見ながら通勤。。
(俺もipadなど持っていないのに。。)

またショッピングセンターでは、マック、ケンタ、カルフールなど
欧米企業だけでなく、
coco一番、大戸屋、やよい軒も繁盛してました。
クリスピークリームドーナツを求めて並ぶタイ人の行列など、
新宿と変わらないじゃないですか。

物価も6年前に二倍くらいまで行くんじゃないかな。


ということもあって、早々にバンコクを後にした次第です。

スポンサーサイト

スコタイに来てます。 

27日よりタイに来てます。
で、バンコクでの用事も一様終了したので、
バンコクで、すぶっているものなんかなぁ と思い
まだいった事のなかったタイの世界遺産、スコタイに来てます。

バンコクでは、ホテルはネットが結局使えず、
周りにもネットカフェらしきものもなく、
ネット難民とかしてました。

タイに着てから家にも連絡してなったのもあり、
家から「事故でもあったかと」 携帯に電話がかかってきました。

無事なことがわかり、
(嫁にはバンコクにて仕事らしきものがあると伝えてのにもかかわらず、)
またバンコクから旅行に出ているという事がわかると、

「お土産いっぱい買ってこいな!」 
安心してか、
いつもの嫁に早変わってました。。。

弾丸トラベラー 

先週の弾丸トラベラーは、
ちょうどタイへ旅行だったようで、
嫁と二人にて見ていると、

TVの中にて台風で行けなかった、
シミラン諸島は自分も気になっていた所だが、
結局モデル二人にて行った先はコ・サメットのサイケオビーチ。

うーーん。 
タイで、うちらがいつも行くビーチ。

映像では、あまり変わってない様子。

コ・サメット、特に何があるわけでもないが、
バンコクからも近いし、手軽なビーチリゾートにて
また人気がでてくるかな。

花を楽しむ。 

花1 花2

先日、昭和記念公園に行ってきました。

嫁がお気に入りのブロガーにて昭和記念公園での、
花の綺麗さに見付けて早速行って来ました。

昭和記念公園へは初めて行きましたが、
広い公園にもかかわらずメチャ混んでます。

しかし広々とした空間や目に優しい新緑の木々、色とりどりの花を
眺めるのは、まぁ楽しいものです。

この時期4月は色とりどりのチューリップが咲いており、
普段花にそんなに花に興味の無い自分でも、
おーーー こんな色がでるのかぁー と楽しめました。

歳をとるとちょっとした楽しみを見つけるのが
上手くなるのかもしれません。

人たらし 

先日姪っ子の誕生日会をやったのだが、
その姪っ子から電話が掛かってきて、嫁の誕生日partyをやってくれるとの事。

嫁  私の誕生日partyやってくれるの?
   ○○(姪っ子の名前)は土曜日と日曜日のどちらが良い?

姪  土曜日が良い。

嫁  なんでぇ?

姪  早く会いたいからっ!。

嫁  わかった。ありがとう。(うるうる。。)

なんとも可愛い姪っ子と嫁は思ったことでしょう。
嬉しさにて涙ぐんでました。


しかし
後で義兄に電話したら、日曜日は姪っ子家族での旅行の模様。

なんとも
人たらしの姪っ子、恐るべし!


変化の時代 

3・11の大地震後は、
私たちの社会へ大きく変化しました。
またこれからもより大きく変化していくことでしょう。

あなたは今、死んだとしたら、何を後悔するでしょうか?
私たちは何を終わらせて、何を始めるのでしょうか?

進化論で有名なダーウィンは、
「進化するか、絶滅するか。そのどちらかである」
という言葉を残しました。

まさに変化への対応が今求めらています。
しかも、その対応スピードはどんどん速くなっています。


進化*スピード= 



これはどんな答えをあなたにもたらすのでしょう。



昔を振り返る(電話料金) 

電話料金も随分安くなりました。

昔、1980年後半は東京ー大阪間 3分400円だったと思いますが、
 (4.5 S /10円)

今はNTTのWEBで見てみると、 45 S /10円 = 40円
1/10になったんですね。

国際電話はもっと高かったと思います。
自分はその頃オーストラリアに行っていたこともあり、
その時の彼女は電話料金にて月に7-8万円ほど支払うということも。 
 (高っ! KDDIさん儲けすぎ)


で今はいろいろな通信手段がありますから、料金に格段に安くなりました。

またskypeを使うと、国際料金も格安。
中国携帯電話への1分4円程度の料金。
仕事での海外への電話はほぼskype

しかし、日本へはskypeでも高いんですね。
1分20円強。アメリカ、中国の5倍。
距離は近いが値段は高い。

何とも納得いかない料金体系です。


skype料金表より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全料金: VATなし料金: VAT込み料金:
アメリカ合衆国 2円66銭   3円5.9銭
タイ - バンコク 7円28銭   8円37.2銭
中国 - 携帯電話 2円66銭   3円5.9銭
日本        3円22銭   3円70.3銭
日本 - 携帯電話 17円50銭 20円12.5銭

俺は立ちでもいいんだぜっ! 

前回の続き。

最後に
「俺は立ちでもいいんだぜっ!」
と書いて、ある光景を思い出した。


以前ハワイに嫁と遊びに行った、その帰りの飛行機の中。

飛行の中には中南米からの30-40人の団体客が乗っていたのだが、
それがもう落ち着かない、落ち着かない。。

皆ドリンク片手に自分の席を立って、
その他の同じ団体客のお客のとこへ行き、
ずーーーーと話している。

その話の輪にまた違う人が入ったり、
別のところに話をしにいったり、
それがほぼ全員。。

私めが映画を見てようが、あなた様方がじゃまで
見えない状態になっていてもあまり気にしていない。

あっちに行ったり、こっち行ったり、
本当、立食パーティー状態。

それが離陸しからずーーーと。

この光景はちょっと衝撃だったというか、
自分の飛行機ではおとなしくしてなきゃー 
という常識を壊してくれた体験。
  +
是非ともラテンの国に行きたいなぁ。

と思わせるものでした。。


Air Asiaを予約してみた。  

今月末のバンコク行きだが、そこから少し脚を伸し
香港に行こうかと思う。
と、いうか香港行なので、日本ータイから戻る感じなのだが。。。

で、バンコク発のairを調べていると、
エレミーツ航空とAIR ASIAが候補に。

両航空空会社ともに乗ったことがなかったし、
両航空会社も気になっていたので、まぁどちらでもよいのだが、
AIR ASIAを予約してみた。

昨年東京ーKLを5,000円などキャンペーンをしていて、格安のイメージとおり、
キャンペーン時期にあたると、アジア国内だとバスよりも安い状況なんかもありそう。

で、予約ですが
WEBで、BKK-HKG を入れてみると、表示価格は20,000円弱。安っ!

しかし、予約を進めていくと、
荷物代とられたり、(機内持ち込みは1個、7KGまで無料)
食事代金(選択可能です。食べなくても結構。)
シート代金???
保険代 
エアポート利用料(さっきも入っていたぞぉ) と。。。

トータル料金としてはそれでも安いのだが、
ページを1ページ進む毎に料金が上がっていく仕組みにて、
相当イライライするWEBシステム。

特にシート代って。 
一様、前のほうの席など直ぐに出入りできるプレミアムと
その他の一般席の二種類から選択というものですが、
そもそもの一般席の料金は入れとけって!

俺は立ちでもいいんだぜっ!

ではでは

Fake it until you make it! 

また4月より
石井浩之さんのダイナマイトモチベーションをスタート

一ヶ月目の第四週にでてくる内容。

それが
Fake it until you make it!

以前の中国関連の仕事は、
中国の親会社の日本支社設立。

中国では実績、顧客もついているが、
日本では無名だし、顧客もおらず。

全くのゼロからスタート。

営業を行っていると、本当この言葉のとおり。

顧客は実績のあるところからサービスを受けたがる。
ただ事業を始めた方は皆、はじめはゼロからのスタート。

「売れない」弱音を吐きそうになっても、
「いやー 引き合いが多くて忙しくてしょうがないですよー」 

と、

いかに顧客に安心感を与え、信頼を得て、
自分の所と組むことにより、顧客へのメリットを提示できるか?


仕事だけでなく、
人生においても、
Fake it until you make it!


今月末よりバンコクへ 

GWは久しぶりのプライベートでの海外。

仕事では、中国ばかりだが、頻繁に行っていたものの
旅行での海外はもう6年ぶり
また一人旅では、もうかれこれ10数年ぶり。

で、とりあえず
成田ーバンコク の予約は入れたものの。
改めてタイを考えてみても、是非ここへ行きたい!という情熱が出てこず。

ラオスのルアンパパンへはちと行って見たいなと思うが、
スケジュール的にどうするか?

うーーん 楽しい悩みどころだ。。


極上のクルーズの旅 

震災にて民放は震災関連のニュースが続き、
(それも為になる情報ならまだしも、
自分には「偏り」、「あおり」、「同じようなものをどこでもいつでも何度でも」としか感じられない)

で、BSは海外旅行ものやドキュメントもあり、
そちらを見ることがこの頃多いかな。

そんな中でこの頃のお気に入りは
世界のクルーズの旅関連。

やはり国によって雰囲気も違いますね。
先週はカリブのクルーズ。
印象として明るい、ファミリー、若いカップル、アメリカ人も多いのか、アトラクションが多数。

で今週は、スペインからカナリア諸島を回るクルーズですが、
そこでも印象はディナー、ソーシャルダンス、読書とか客層も落ち着いた感じ。

リュックを背負う旅もまだまだ現役ですが、
近々クルーズにも行きますかね。

ソフトバンクの孫さん 

3.11東日本大震災にて、
自分もtwitterにて情報を集めるようになり、
メディアには出ない(出さない?)情報に触れるようになってきました。

twitterのフォローの中にソフトバンクの孫さんがいるのだが、
その発言発言がごもっとも!

100億の義援金を行ったというのもあるが、
それよりは彼の発言が、
とても現場の立場にて話をしているように思える。

以前ソフトバンクさんとの仕事もあり、
会社の方から孫さんの話を聞いていたが、
(私の常識を超えるものだったが、σ(^_^;)アセアセ )

震災に関する今回の発言、行動など
自分の中では、一番株を上げた人かな。

ジャニーズは被災地へ! 

ジャニーズは被災地にてコンサートを!
 と 急に嫁が言い出しました。

うーーん

さすがに被災地にてコンサートというのは、
被災者の方々の心境を考えなければという部分と、
実際の受け入れ側の準備という部分からそうとう無理はあるが、

直接的な被害地というよりは、
津波の影響の少なかった地域など、
風評被害にあっている福島県、茨城県などでの開催などどうでしょう。

この行き過ぎた自粛雰囲気の中、
そういう場所での催しものというのは意義があるのでは。。



普段、人をドン引きさるほどのエロネタ
   +
高田順二ばりのしつこさにて

自分をへきへきさせる嫁ですが、
さすがに、この一連の災害は気になっているようです。


洗濯機 

うちの家電さんがみな10年選手をこえ
引退の日を迎えようとしてます。

そんな中で、
古い洗濯機も一時復活したのですが、
洗濯機もベテランから一新。

購入したのは、
確か下記のこんなような感じのものでした。
 (洗濯機って、自分が普段から使っているわけではないので、うる覚え。
しかもどれも同じようなデザインだし。)

サンヨーさんの7KGもの。

で、印象ですが、
今のものは静かだねぇ。

10年はがんばってくれよ。



中国のデータセンター事情4 

少しかしこまった話です。
今までの仕事が一段落するので、
纏めとして「中国のデータセンター事情」を不定期かつ何回かにてUPしていたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
中国のデータセンター事情
 ライセンスについて

前回の続きです。


今日はライセンスについてです。
今までの話から中国向けに対して、日本にサイトを置くのはレイテンシーの問題から
中国国内にサイトを置いたほうが良いのでは、と考える企業も多いのでは。
ただ中国国内にサイトを置くにはICPライセンスと呼ばれるライセンスが必要です。

ICPラセンスとは、中国国内にサーバを置き、WEBをUPするには、国の許可を取ってくださいというもの。

ICPライセンスの種類としては、
非経営性ICPライセンスと経営性ICPライセンスの二種類があります。

単に会社のHPを中国に配信したい場合は経営性ICPライセンスを取得。
ECを行いたい場合は経営性ICPライセンスが必要です。
 
細かく何をするのかにより経営性、非経営性の
どちらのライセンスが必要かが決められています。

日本で実績あるわが社の商品をネットをつかって、
13億人の中国市場に売り出そう! 
と思っていても、いろいろハードルは出てくるようです。

で、中国にてECを行うにあたっては、(自分の意見として)
中国に信頼ができかつ強力なパートナーと提携にて進めるのがよいのでは。
パートナーに経営性ICPライセンス取得などしてもらい、
表向きはその中国パートナーに立ってもらい
実業の部分は、自社にて行うという分担になるでしょう。

法律上では、独資でも卸、小売、ICPの取得など法律的に可能かもしれないが、

中国での「できる」とは、
「法的にできる」 と 「実質的にできる」は違う観点ですのでご注意を。

その5に続く。

ガリガリガリ・・・ 

このところ、WEBを見ていると、
やけにガリガリガリ・・・・と PCうなってます。

このノートPCもまだ4年しか使ってないのに、
もう寿命かぁ。。

しかし、デフラグしたら
調子悪くなるというのはやめてほしい。

東京都知事選挙 

震災後ということもあり、メディアでもあまり取り上げられず、
結局というか、順当に石原さんに決まってしまいましたね。

石原さんなんだろうなぁ と思いつつも、
TVを見ると、開票直後のあまりにも早い「当選確実」の文字。


他の候補者も良い政策はあっただろうに。。


そういえば先日、渋谷にてマック赤坂さんを見た。
渋谷のハチ公前にて、奇抜なカッコにて自ら両手に持ったペンライトを
自分にあてゆっくりした独創的な振付。。。

そのとき、自分も中ではオウムを連想させたが、
彼自身はどう思ってるんだろう。。

かなり先をつっ走っていて、一般人はついていけません。






黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編
橘 玲 (著), 海外投資を楽しむ会 (著)

amazonレビューよりーーーーーーーーーーーーーー
「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」の金融機関活用の実践編。
海外の銀行及び証券会社取引の方法を概観の上、日本人が利用可能な銀行、
証券会社を13機関選定し、各々の概要から具体的な口座開設方法、取引方法を図も交えて解説。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、いうように資産運用編のより実務的なもの。
読み物というよりは、どこの銀行・証券会社が
自分にあっていて、その口座開設方法についてのマニュアル的扱いかな。



☆☆☆

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編

新品価格
¥1,995から
(2011/4/8 13:10時点)


黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編 

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編
橘 玲 (著), 海外投資を楽しむ会 (著)

内容としては、
グローバルでの投資に関しての、入門かつ実践的な内容。
これ一冊読めば、だいたいのどんな投資方法があり、何をすればよいのかが
大体理解できるのでは。。

☆☆☆

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編

新品価格
¥1,995から
(2011/4/8 13:10時点)


4/10は都知事選挙 

今週末、4月10日は都知事選挙ですよね。

のわりには、各候補者の政策・主張が見えてきませんが・・

どうなることやら。。



お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
橘 玲 (著)

一攫千金にてお金持ちになるという本ではなりません。
自分が 橘 玲さんの著作を読むようになったのは、

ちょうど海外投資とかに興味を持ち始めたころだったと思う。

海外投資を楽しむ会というサイトを見つけて、そこから著者の本を読むように。

小説あり、このような啓発本あり。シニカルな表現は読んでいて楽しい。
ただ内容が具体的なので、税制面など情報が陳腐化している部分も。。



☆☆☆

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

中古価格
¥51から
(2011/4/9 05:34時点)


新しい仕事 

おはようございます。

この4月からクラウドの仕事を少し行う事になりました。
よろしこ。。



中国のデータセンター事情3 

少しかしこまった話です。
今までの仕事が一段落するので、
纏めとして「中国のデータセンター事情」を不定期かつ何回かにてUPしていたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
中国のデータセンター事情
 中国データセンター提供サービスについて

前回の続きです。


中国におけるデータセンターの提供サービスですが、
 まず日本のDCサービスとはサービス種類およびレベルにおいて全く異なります。
 
 そんな一例を、
 1、計画停電がある。
 日本ではデータセンターは電源止まらないが常識ですが、中国ではDCによっては
 メンテナンスという名の基に時々電源を止めます。
 センター選定の上で、確認したほうがいいでしょう。

 2、日本ではラックの付帯サービスである、ping監視やリモートハンズなどは別サービスです。
 ある意味、欧米的というか、必要なものを細かく定義します。
 日本のサービスでものを考えると、勘違いすることも。

 以前、中国のあるDCにラック+インターネットの見積りを依頼したら、
 電源の入っていない見積もりを送ってきました。
 電源の入っていないDCに何を置くのでしょうか?
 日本の技術は素晴らしくて電源のいらないサーバを開発したとでも思ったのでしょうか?
 と、これは冗談ですが、自分が普段何気なく使っている言葉に対して認識の違い、
 勘違いしているという事は多々ありました。

 あと監視サービスなどあまり期待しないほうがいいでしょう。
 日本のDCでは場所、回線だけではなく、さまざまなオプション・サービスがきめ細かく
 サービスとして整ってますが、中国では顧客と提供業者の決め事となります。
 また国民性でしょうか、あまり細かい事は得意ではない感じですね。

 電源について。
  日本のDCでは6KVA対応など高電源の供給可能ですが、
  中国では基本1,5とか2KVAが基本。マックスでも3KVAという所が多いでしょう。
  それ以上の供給に関しては別ラック立てが基本となります。


その4に続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。