スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印度放浪 

もう15年ぐらい前旅先にて旅人からの推薦
印度放浪 藤原 新也

沢木耕太郎、藤原 新也
バックパッカー時代に良く読んだ著者。

この作品は藤原新也の処女作との事。
写真がいいねぇ。
特にバラナシ西岸での犬の写真はインパクト大です。
これからインド方面に行く人は必読。旅が楽しくなりますよ。

評価 ☆☆☆☆






スポンサーサイト

亜玖夢博士の経済入門 

亜玖夢博士の経済入門

表紙のインパクト、そして作者は橘玲さんとの事。
思わず手に取ってしまいました。

小難しいそうな経済学理論を
コミカルかつ怪しい雰囲気な物語にて説明されていきます。

第1講 行動経済学 (借金地獄)
第2講 囚人のジレンマ (ヤクザの抗争)
第3講 ネットワークの経済学 (学校のいじめ)
第4講 社会心理学 (マルチ商法の説得術)
第5講 ゲーデルの不完全性定理 (各物語の収束)

半日もあれば読みきれる面白い短編集でした。


『相談無料。地獄を見たら亜玖夢へ』

評価 ☆☆☆☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。