スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「5年後の世界経済」 中原 圭介 (著) 

トップリーダーが学んでいる 「5年後のを世界経済」入門 いま知っておくべきこと、やるべきこと – 2013/12/19 中原 圭介 (著)

2015年8月末のチャイナショックならびに9月17日のFRB利上げ延期にて
ちょっと混迷的なマーケット実感して、この本を手に取ってみました。

たぶん、中原 圭介さんの著作を読むには初めてかも知れない。

で、感想ですがこの変化の早い世界状況のなかで、
1.5年前に書かれた事がなかなかあたってます。
またとても読みやすい。

ということで、今後のマーケットへの指針ということで
この著者をチェックしていこうかと思います。



スポンサーサイト

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。 メンタリスト DaiGo (著)  

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。 メンタリスト DaiGo (著)

このところメディアでの露出もすっかり減ってしまったdaigoさんの著作
まぁこの露出を減らしているのも、戦略の一つのようですが。

で、この一瞬でYESを引き出す 心理戦略。ですが、ビジネスにて使える心理的テクニックが満載です。

特に営業という特に人と関わる仕事に従事している者としては、

ほーー 
ふーーん と

思わず頷いてしまうテクニックが満載です。

テクニックについて自分では理解はしているが
実際に意識して行動しているか?というと
疑問にも思うところも多々あり、そういうところを整理して述べてあるのは
大変ありがたいですね。

知っているのと、できるのは全く違いますからね。


で、思いついたものをメモっていくと、

・心理学 メンタリズムにおける自己開示は相手の話を引い出す誘い水です。
 誘導 相手に直接命令することなく、あくまで自発的に行動を起こさせます。
  アナログマーキング それまでより少し声を大きくすることで、相手に印象に残させる。
  企画書にて 特定の言葉を多様したり、表現を変えて繰り返すことで強調 相手に伝えたい
  情報を暗示として埋め込んでいく。

・商談・交渉にて 交渉事は始まる前から始まっている > 
 MTGの前後にプライベートな時間を設け個人同士の距離を縮めておく。出迎え。送る時間の活用
 交渉ごとが終わったら次の交渉事の始まりである。

・自分の聞きたいことは、まずこちらから話始める
 相手の警戒をとくためにも自分から先に話すこと。まず自己開示!

・メリット、デメリットの順番 商品の説明などにて、まずデメリットのほうが印象がよくなる。

・名刺交換にて思いっきり近づいてみる。 
 そのあとの相手の行動にて、誰が心理的に距離を置いているかを図る

・交渉事での主導権を取るには>相手よりも先に行動する。
 セミナーにて一番に質問する。
 飛行機・新幹線にて となりの人になんでもいいのでこちらから声をかける。
 (アイコンタクトにて)
 お互いの心理的ストレスを和らげるために。

・交渉事の時間帯> 午後一 もしくは6時以降など相手の集中力が散漫している時

・パワーランチの活用 また席の並び方にも 
 フレンチ、イタリアンよりラーメン屋、寿司屋 などのカウンター席。 対面より横並びの席

・良い企画書に書き方
 1、重要なメッセージを一つに絞る
 2、表現をかえてさりげなく何度も繰り返す。

・相手の記憶をコントロールする
 人は忘れる生き物です。タイミングを見て何度も提示して相手の記憶に強く印象付ける。
 最初 20分後 40分後 翌日 一週間後 一週間後・・・・

ピンチになったらラッキーとつぶやく。 その言葉に自分が反応します。
一日一回 恥ずかしいことをする。心の耐性を上げていく 心の筋トレ 一日一回オヤジギャグ
タグ付け電話帳の活用 所属ではなく用途によってタグを付けて管理する

・人間関係について 
 苦手な人をなくす方法>自分よりも優れているところを3つあげる
 「良いところを見れば人間関係がよくなる」ではなく
 「人間関係を良くするために良いところを見る」
 
などなど

今すぐできる実践書としてお勧めです。

☆☆☆☆☆☆




物販を行おうかと。。。(メモ) 

秋らしきなってきて、

何か始めようかという気分が高まってきたので、

物販をスタートしようかと。。。


で、ネットバンクの楽天銀行は作っていなかったので、

作ってみる。



税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 大村 大次郎 (著)  

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 大村 大次郎 (著)


フリーランスになってから

特に税金に関してはいろいろ気になるもの。


で、こちらの気になったところですが、

倒産防止共済 240万の圧縮



専従者控除 86万円 ぐらいかな。





経済復活 金融政策の失敗から学ぶ 高橋 洋一 (著)  



経済復活 金融政策の失敗から学ぶ 高橋 洋一 (著)


アベノミクスは本物か? 日本は復活できるのか?

高橋さんを見つけたのは、

TPPに関してか、官僚に関しての動画だったかな。


この本で気になったのは、

・この本でのアベノミクス三本の矢はいらない。

・金融政策 1本にて日本は経済復活をなす。

・年金に関しては、増税よりも現在の未回収の制度をあげることにより15兆円の改善
>そのために歳入庁の設立

・官僚のつくる成長戦略はでたらめ
>それよりは公務員制度改革(天下り禁止)や規制緩和 をやりなさい。

なーんてそんなところかな。


雑誌感覚にて1-2時間にて読めて、今の日本のわかる本


詳細はこちら→経済復活 金融政策の失敗から学ぶ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。