スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と知られていない“選手村”の裏話 


スポンサーサイト

筋トレ系、ロングブレスダイエットなど 



Wiiフィット プラス (バランスWiiボードセット) (シロ) 任天堂  

Wiiフィット プラス (バランスWiiボードセット) (シロ)
任天堂

姪っ子の誕生日会にて親戚に家に行くと、Wiiがあるではないか。

あまり興味の無い自分だったが、

姪っ子から

「ねぇーねぇー ゲームやろう ゲームやろう」 と しきりに頼まれると、

「まぁ しゃーない。 やるかー」

で、見つけたのがWiiフィット。

今までゲームユーザではない、健康をテーマにした新商品。
 (発売から随分たってますが。。 (^▽^;)  )

名前、コンセプトなどは、知っていたが、やるのは初めて。

で、やってみると、 

「へぇ なかなか面白いね。」

というゲームで遊ぶというより、

無理なく有酸素運動を行っているというのが、

この商品のミソなんだろうな。


☆☆☆☆☆


ハワイにきて思うこと (その3、ホノルルマラソンについて)  

ホノルルマラソンについて思うこと。
自分のホノルルマラソンの思い入れというのは、ちょうど25年ほど前、80年代後半。

私の初海外旅行はベタにハワイなんです。
またちょうどホノルルマラソン期間にいたので、
「へぇ こんな大会があるんだ。面白そうだな~ いつかは出たいなぁ」
なんて思っていたのが、その頃はマラソンなんぞしておらず、
5KM走るのも、イメージが沸かない。全く無縁のもの。

それがあるきっかけから3年ほど前から走るようになり、
フルマラソンにも出るようになり、
「よし ホノルルマラソンへ出よう!」 
と、いうことで今回ホノルルへ来たわけです。


目票タイムは4時間台。5時間を切れれば「御の字」
で、結果からいうと、5時間10分。ちと足らず。
まぁでも自己記録は更新という事で、良しとしよう。 


あと初海外マラソンという事で、雑多に書き留めると、、、

日本人ランナーが多いので(多分半分ぐらい)国内の大会とあまり変わらず、
外国だからという気負いあまり無し。

日差しが強いという事でサングラスをかけていたので、
 目の悪い自分には沿道の声援がよく見えなかった。
 これは非常に残念。

走りについて
 23KMぐらいまでは、快調。その後もむりくり走って30KMまでは1時間10分/10KMのペース。
 しかしやはり30KMを超えると、体が言うことを利かなくなる。
 今回は、特に心臓。
 疲れてきたので戦略的歩き(名が良いんで勝手に名乗ってますが、
 要は疲れたので歩くというものです。戦略的でもなんてもないな。)に
 変更しても、心拍数は148以下から一向に下がらないし、
 その後再度走りだすと(メッチャ鈍足でも)心拍数は直ぐに163程度へ。
 165を超えるあたりになると心臓は痛いし、しかもこの頃からずーと頭痛。
 ランナーズハイとは間逆な感じ。
 「もうマラソンはいいかなぁ」といつも思う時間帯。
 >>日ごろの練習にてスピード練習(ビルドアップ)をもう少し早めから取り入れるべきだった。


で、完走。  
 完走後に出されるフード(マサラダ)がうまかった。

完走後の体について
 今回で三回目のフルマラソン。一番最初に出たフルマラソンは2009年にて荒川マラソン
 タイムは5時間30分程度だったが、その時とは疲労度が随分違う。
 荒川の時は完走後から一週間ぐらいは、
 びっこを引いて、駅の階段では手すりに捕まらないと降りれないほど
 使い物にならなかったが、今回はまだまだ余裕。
 完走後、自分はそのままホテルに帰ってゆっくりしたかったが、
 ゴールで待ていた嫁は自分の行きたい所があったようで、
 完走後そのまま、20分程度ほど歩かされた。(この話はまた別のお話)
 
 今完走してから約一日立っても、体全体は疲労感、足も痛いが歩けないほどでも無し。
 ちっとは、強い体になったか。



さてさて目標が達成され、
今はしばしの放心状態。

  次はどこを走るか?

3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから 金 哲彦 (著)  

3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから 金 哲彦 (著)

以前、三年前に、この本は読んでましたね。

今回の読みで、チェックをつけたところ
やってみようと意識したところは、

・スクワットによる走らない時の練習

・ウォーキングで体感を使うコツ
 腕振り、肩甲骨を真ん中に引く、骨盤あたりの脚の付け根がある。

の二箇所。


寒い季節になって来ましたが、頑張りましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。