スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたLCCキャンペーンに乗っかってしまいました。 

なんか随分の間、このブログも更新していなかったようなので、
今年のLCCキャンペーンの搭乗をメモメモ。


2016年は1月のジェットスターにて沖縄からスタート。

家のことが少し忙しくなり、

久しぶりに6月はバニラにて札幌へ。


今後の予定としては、

9月 バニラにて成田ー札幌

10月 ジェットスターにて成田ー博多

11月 香港エクスプレスにて香港経由でベトナムへ 
    羽田ー香港ーダナン

2017年2月 香港エクスプレス、エアーアジアにてタイへ 
         羽田ー香港ーバンコク



ピーチに関しては、成田便の時間、ルートが使い易くなるといいのだがなぁ

スポンサーサイト

Vエアー 搭乗メモ 

Vエアー 搭乗メモ 

台湾のLCC Vエアー搭乗に関しての個人的メモ
Vエアー 2015年5月現在は台北ーバンコク、
台北ーチェンマイを定期便にて就航

今後日本便就航も予定しているようなので、
知名度もだんだんあがってくるのではないかな。


利用時期:2015年5月
利用区間:バンコク ドムアン(10:50発)>>台北行き
便名:   ZV006便
料金:   キャンペーン価格にて2100B ぐらい 
      (定価は2450B+税その他利用料など)
時間もほぼ定刻とおり運行

機内での感想:
CAさんが若い子が多い。
また安全説明時の可愛らしいポーズにてひと工夫。
制服もキャラクターのくまを使ったTシャツなどカジュアルな感じ。

また席間ですがこれが思いの外広い。足も組めるほど。
これ超ポイント高し。
(その後台北からの帰国便がバニラエアーだったので、ひときわ引きだつ。
バニラエアーさん狭すぎます。。。)

バンコク市内からドムアンへの移動メモ 2015年5月 

バンコク市内からドムアンへの移動メモ
シーロムに宿をとっていたのでそこから台湾のLCC 
Vair利用のためドムアンまでの移動手段。

ネットで調べてみると、シーロムからだとバス406番が通っているとのこと。
料金も20Bぐらいにて行けそうなので、プラン1として採用!

で、当日朝8時ぐらいまでに空港につきたかったので
朝の渋滞も考慮すると、余裕の6時ぐらい出発。
シーロムのタニヤプラザの前のバス停にて6時ごろから待つ。
しかしバスは来ず。。。
結局30分ぐらい待ったが、こないので
(反対車線の406番バスは同じ時間に3本も通過)
プラン2に変更(プラン2はBTS+A1バス)

で、そのまま目の前にあるBTSサラディーン駅に上がり
7:30発あたりのBTSに乗ってモーチット駅まで移動。
(料金は42Bぐらい)時間位して20-25分程度かな。

7時前にモーチットに着いたので、ちょうど多分7時発の
シャトルバスA1が来たのでスムーズに乗り継ぎ。
(ちなみにA1バスは7時から走っているとのこと)
車内にて30B支払って、席にすわって待っていると、直ぐに出発。

で、あっと言う間の20分もかからずにドムアン到着。
所要時間、待ち時間30分も含めて90分。

このBTS+A1シャトルバス方式は渋滞も気にならず、
安く移動できていいかもしれない。

またまたLCCキャンペーに乗っかって。。。 

なんとも
この旅好きが、なんの脈絡もなく
またLCCキャンペーンに引っかかり航空券をとってしまった。

で、購入したものは、、
来年    3月 佐賀 往復
      5月 タイ・チェンマイ 片道 
     10月 香港 往復

5月のは片道だし、どう帰ってこようか?

日本を出て自由になろう的な本を三冊読んでみた。 

日本を出て自由になろう的な本を三冊読んでみた。

まずあなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方 (角川フォレスタ)
センカンドライフ、子育てなど日本以外生活することのメリットを述べた海外生活啓蒙的な著作かな。
まだ海外でするということにイメージがわかない人向けの一冊






続いて、越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げ

石田さんは冒険投資家という肩書きにて世界のいろんなところに出向いているようで、
自分のなかでは中東に強い感じ。
冒険投資家が書いているのでタゲット層も 上記のミドル・シニア向きのセカンドライフ的アプローチというよりは
20-30代の若者に対してもっと海外にでて頑張ってこい!的な本かな。
本当いろんなところに行っているようで、
元バックパッカーの自分としても、アゼルバイジャンや南スーダンのなど、なかなか行ってないところの
話が掲載されていて読み物として楽しかったです。






で、最後に終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散 ―― 国家の歩き方 徹底ガイド (現代の錬金術師シリーズ)

以前読んだ一冊ですが、再読。
こちらは、PT 終身旅行者となるための実践的な一冊です。
実際にPTとして生きていこうとすると、いろいろ細かいことに気をつけなければならず、
そんなちょっとした気づきを与えてくれる一冊です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。